J-グローバル 国フォーラム

グローバライゼーションとは、各国が経済的、政治的、教育的に共に参加する傾向を陳述する用語です。ビジネスやプライベートを含む全ての人の日常生活を深めるものです

次回のJICカントリーフォーラムをここにご紹介します (年7月3日)

日本とイスラエル:

新たなカントリーフォーラムでは、二つの全く異なった文化間での交流についての話となります。日本について長年の面識がある楽天のメアリー・ライゼルさんをゲストスピーカーとしてお招きし、彼女の異文化経験についてお話していただきます。

ライゼルさんは、日本と東南アジアにおける市場調査、民俗学的分析、消費者洞察の分野でのアカデミックなキャリアとビジネスとしての仕事を両立している専門の人類学者です。

2000年以降日本で働いており、立教大学で教鞭をふるっています。テンプル大学では、およそ10年近く企業内教育プログラムの講師を務めていました。ここ数年は、楽天の特別アドバイザー兼トレイナーとして勤務しており、最近は、人類学、消費者心理、市場分析のビジネスを開始したところです。

J-グローバル・カントリーフォーラム

グローバリゼーションとは、経済的、政治的、教育的観点から、共に参加する国々の動向を特徴づける言い回しであり、ビジネスやプライベートを含め、全ての人々の日常生活の質を深めるものです。日本は、海外とコラボレーションをしていく機会に恵まれ、ビジネス文化における違いについての基本的な理解が目標達成に貢献してはいますが、実際のところ、どれほど他国についてあなたは知っているのでしょうか?

フォーラムイベントでは、日本と他国のビジネス文化の類似・差異点について話し合い、いかにより良いビジネス関係を築き、それを円滑な形にしていくかについて話し合います。

毎回セッションでは、日本との違いに対して専門的見解のあるゲストスピーカーをお招きすることを含め、異なった国を取り上げていきます。他の国々に興味がある場合は、是非このイベントへご参加ください!

いつもと同じく楽しく快適な雰囲気の中でネットワーク作りをする時間も十分に用意しており、両国間における個人的な関係を広げ深めていく機会を提供するフォーラムとなっております。

前回のトピック

2017年6月22日: 日本インドフォーラム

2017年5月08日: 日仏フォーラム

2017年3月13日: カントリーフォーラム―オランダ

2016年11月30日: 日米フォーラム

2016年7月11日: 日中ビジネス文化フォーラム

サインアップ

そして今日のグローバルリーダーになる!

今すぐ登録!
確認メールが迷惑メールフォルダーに振り分けられないようご確認ください。
サインアップすると、JICからの情報メールを受信することに同意することとなります。
次のセッション

*注:更にイベントの追加予定あり。日程の変更あり。

9月 2017
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
08/28 08/29

7:00 pm: フォーラム (マーケティング)

7:00 pm: フォーラム (マーケティング)
08/30 08/31 09/1
09/4 09/5 09/6 09/7 09/8
09/11 09/12

7:00 pm: フォーラム(IT)

7:00 pm: フォーラム(IT)
09/13 09/14

7:00 pm: フォーラム(営業)

7:00 pm: フォーラム(営業)
09/15
09/18 09/19 09/20 09/21 09/22
09/25 09/26 09/27 09/28

7:00 pm: フォーラム(工業)

7:00 pm: フォーラム(工業)
09/29

サインアップした後にプログラムに参加できない場合は、他に開講しているプログラムの一つに参加できます。

お支払いの選択

近日オプションを更に追加する予定です。

ペイパルでのお支払い

セミナーのみ
Jグローバルパスポート

銀行振込でのお支払い

以下の詳細をご参考ください:
振込の際には下記詳細を参考にし、振込確認のメールを私どもまで送信ください。
口座名: カブシキガイシャツナゴ(株式会社Tsunago)
口座番号: 0147802
口座種類: 普通
銀行名: 三菱東京UFJ
支店名: 五反田(支店)
銀行コード: 0005
支店コード: 537
サインアップ後にプログラムに参加できなくなった場合は、代わりに他のプログラムに参加することができます。

当日支払い

受講をお知らせいただいている場合でも、イベントへのサインアップをお願いいたします。

場所

〒103-0028東京都中央区八重洲1-7-20 八重洲口会館B2 東京駅八重洲北口前 (SMBC日興証券)

他に何かご質問がありますか?

いつでもご連絡ください!

This post is also available in: 英語